Current Language
×
Japanese (Japan)

言語の選択:

トグル・メニュー
Current Language
×
Japanese (Japan)

言語の選択:

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

信号発生器のすべて


多くのエンジニアは、トラブルシューティングや設計の検証を単なる「測定」作業ととらえ、オシロスコープやロジック・アナライザを用意しさえすればいいと条件反射的に考える傾向にあります。しかし、これらのアクイジション計測器だけでは不十分です。DUT を駆動するための機器、つまり信号発生器も必要です。

アクイジション計測器と信号発生器を組み合わせることで初めて、DUT を複雑な実際の信号で駆動して出力結果を取り込むことのできる完全なソリューションになります。オシロスコープは、業界標準のアクイジション計測器です。しかし、信号発生器がなければ、デバイスへの入力信号を制御することができないばかりか、デバイスからの出力信号も無意味なものになってしまいます。

また、信号発生器がなければ、マージン・テストと性能評価も行えません。オシロスコープやロジック・アナライザに信号発生器を組み合わせることで、信号に意図的なストレスを与えてその結果をオシロスコープで結果を測定することや、デジタル・エラー発生時のデータをロジック・アナライザで取り込んで設計の耐久性を探ることができます。

ディスク・ドライブ設計からテレコム機器のコンプライアンス・テストに至るまでの用途では、信号発生器とアクイジション計測器が連動することで、完全な測定ソリューションとして機能します。