ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

フィードバック

ファンクション・ジェネレータ

今日の設計は複雑なものが多く、試験中にさまざまな入力信号が要求されます。テクトロニクスのファンクション・ジェネレータは、標準波形、任意波形機能、信号障害オプションにより、1台で幅広いアプリケーションのニーズをサポート。テクトロニクスAFGのクラス最高のファンクション・ジェネレータは、信号の正確な再現を保証します。 >> その他の信号発生器を見る

ファンクション・ジェネレータを比較する

製品の比較 型名 アナログ・チャンネル数 サンプル・レート 周波数帯域 垂直軸分解能 レコード長(ポイント) 出力周波数レンジ 価格

1または2

250MS/s~2GS/s

25 MHz~250MHz

14ビット

16Mポイント/ch

25 MHz~250MHz

US $2,600

2

125 MS/s - 300 MS/s

25 MHz - 60 MHz

14-bit

8k points - 1M points

25 MHz - 60 MHz

US $1,080

1

250MS/s

20MHz

14ビット

128 kポイント

20MHz

US $2,290
1 125 MS/s 50MHz 14ビット 256 k 1 µHz~50 MHz
 

ファンクション・ジェネレータに関するよくある質問(FAQ)

ファンクション・ジェネレータ とは

ファンクション・ジェネレータ

ファンクション・ジェネレータとは、標準的な波形(一般的には正弦波と方形波)を生成し、電圧信号として出力できる試験装置です。設計のテストや、電子機器が意図したとおりに動作しているかどうかの確認に使用されます。

ファンクション・ジェネレータと信号発生器の違いについて

信号発生器とは、電子信号を作り出す装置全般を指します。ベクトル信号発生器は、QAM、QPSK、FSK、BPSK、OFDMなどのアナログおよびデジタル変調方式によるRF信号の発生に適してます。

ファンクション・ジェネレータは、再生可能な波形やパターンがプリセットされている特殊な試験装置です。ファンクション・ジェネレータは、ある周波数から別の周波数に素早く切り替えることができ、他の高度な波形発生器よりも低価格の選択肢と言えます。 

ファンクション・ジェネレータの使い方について

ファンクション・ジェネレータ

ファンクション・ジェネレータは、テストリード線を介して被測定物(DUT)に接続し、DUTに対して任意の周波数の電圧波形を生成します。測定器のフロント・パネルを使用して、オペレータは波形のパラメータ(周波数、振幅、オフセットなど)を変更したり、基本的な歪みや変調を加えたりすることができます。