ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

フィードバック

サンプリング・オシロスコープ 8シリーズ

サンプリング・オシロスコープ 8シリーズは、革新的なディスアグリゲーテッド・アーキテクチャにより、効率的で手頃な価格の光コンポーネント・テストを可能にします。再構成可能でコンパクトなデザイン、革新的なユーザ・インタフェース、信頼性の高いハイエンド性能により、製造アプリケーションに理想的なテスト・ソリューションをお届けします。8シリーズは、広帯域と高ボーレートに対する継続的な需要の増加にも適応できるように設計されているため、現在および将来のテスト・パラメータにも対応できます。

周波数帯域

最高30GHz

アナログ・チャンネル

最大4チャンネル

サンプル・レート

最大300kS/s

ディスアグリゲーションによるスループットの向上

8シリーズは、取込み用ハードウェアと測定/解析機能を分離することで、安価で適応性が高く、拡張性の高いソリューションを実現します。計測器のデータを、高速Ethernetを介して解析プラットフォームにストリーム配信することで、オシロスコープのダウンタイムを短縮し、投資を最大限に活用することができます。

Tektronix 8 Series Remote Connectivity
M1A NRZ mask and measurement

TSOVuによる解析機能の強化

TSOVuは、オシロスコープのメインフレームとは独立して動作する先進的なソフトウェア・プラットフォームで、取込みデータのライブ処理とポスト処理の両方に対応します。TSOVuは光信号の効率的な解析を提供し、アイ・ダイアグラムだけでなく、TDECQなどの複雑な測定にも対応しています。

  • プログラム・インタフェース・コマンドによる自動化
  • 並列チャンネルによるアクイジション
  • 直感的で使いやすいユーザ・インタフェース

モジュラ設計による時間/作業スペース/コストの節約

8シリーズのコンパクトな形状、ユーザによる交換が可能なモジュールにより、テスト・セットアップが最適化され、ワークフローの変化や次世代技術への対応にも迅速に対応できます。高密度デバイスを搭載した8シリーズ機器がより小型化したことで、全体的な製造現場のスペースを大幅に削減することができます。TSO820型サンプリング・オシロスコープ・メインフレームは、前世代と比較して最大8倍の高速パターン・アクイジションを実現し、テスト・スループットを向上させています。

  • 高さ3U、ハーフラック・サイズ
  • スケーラブルなチャンネル数
  • システムあたり最大4つの光チャンネル
Tektronix 8 Series Sampling Oscilloscope
Tektonix 8 Series Oscilloscope

高性能ハードウェア

デバイス測定の信頼性を高めるには、まず8シリーズの優れたハードウェアプ・ラットフォームが必要です。それにより、正確で再現性のある信頼性の高い測定が可能になります。8シリーズ光モジュールの高感度・低ノイズ設計は、シングルモードやマルチモードの試験、特に低電力信号の試験に最適です。

2022年5月のファームウェア・リリースで新機能/オプションが利用可能に

数学演算エンジン

  • 加算、減算、乗算、除算などのデータ演算を標準サポート
  • 波形のリサンプリング、アイダイアグラムを作成するためのオーバーレイ、FFE設定とイコライゼーションなどの複雑な演算を実行可能
  • Math式の入力ソースには、ライブ・チャンネル(TSO820からのストリーミング)、保存された基準データ、および他のMathソースが含まれる
  • Mathソースは、測定、ヒストグラム、ズームなど、既存の分析ツールで完全にサポート可能

ユーザー定義帯域幅

  • BWEで利用可能なユーザー定義の帯域幅設定により、全く新しい方法で信号を表示
  • 8シリーズ光モジュールは、7.5 GHz~35.0 GHzの帯域幅をサポートし、0.0001 GHz刻みで調整可能

柔軟性の向上

  • より多くの光規格をサポート
  • イコライジングのカイゼンとMathでのコンフィギュレーションが可能

新しいファームウェアをダウンロードする

光テストの簡素化:8シリーズ光クロック・リカバリ

サンプリング・オシロスコープ 8シリーズとの理想的な組み合わせであるTCR801型光クロック・リカバリは、増え続ける光規格にも対応できるように設計されています。8シリーズを構成する製品の1つとして、高速光信号のクロックを効率よくリカバリさせることで、光テストの簡素化を実現しました。

詳細を見る
Tektronix 8 Series Sampling Oscilloscope
型名 アナログ帯域 サンプル・レート チャンネル数 価格
TSO820 dule Dependent 300 kS/s Up to 4 構成と見積り
型名 アナログ帯域 サンプル・レート チャンネル数 価格
TSO820 dule Dependent 300 kS/s Up to 4 構成と見積り
データ・シート モジュール 概要 構成/見積り
データシート TSO8C17型 8シリーズ光モジュール:シングル・チャンネル、シングル/マルチモード、50G/100G/200G/400Gの光帯域幅:30GHz 構成/見積り
データシート TSO8C18型 8シリーズ光モジュール:デュアル・チャンネル、シングル/マルチモード、50G/100G/200G/400Gの光帯域幅:30GHz 構成/見積り

サンプリング・オシロスコープに関するよくある質問(FAQ) 

サンプリング・オシロスコープとは?

 

デジタル・オシロスコープはサンプリング方式 によって、リアルタイム・オシロスコープとサンプリング・オシロスコープに分けられます。リアルタイム・サンプリングは、入力信号を直接ADコンバータでサンプリングします。ナイキスト定理により、サンプリング周波数は入力周波数の2倍以上必要です。一方、等価サンプリング方式は入力信号を1回でサンプリングするのではなく、複数回に分けてサンプリングすることにより、信号のサンプリングを実現しています。この等価サンプリングによって波形を観測するのがサンプリング・オシロスコープです。

サンプリング・オシロスコープの特徴は?

 

最大の特徴は周波数帯域が高いということと、波形の忠実性が高いことです。これらはサンプリング・オシロスコープの構成に起因しています。さらに同じ周波数帯域のリアルタイム・オシロスコープと比較して安価であることも挙げられます。

サンプリング・オシロスコープの用途は?


サンプリング・オシロスコープの主な用途は以下の三つです。

  1. 高速電気信号の測定
  2. 光信号の測定
  3. TDRによるインピーダンス測定