Current Language
×
Japanese (Japan)

言語の選択:

トグル・メニュー
Current Language
×
Japanese (Japan)

言語の選択:

ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

フィードバック

100Gbps通信システムの物理レイヤ・テスト


ここ10年、データ帯域幅を必要とするアプリケーションが急速に増加しています。ビデオオンデマンド、VoIP(Voice-over-IP)、クラウドベースのコンピューティング、ストレージなど、帯域を必要とするアプリケーションにより、100Gbps技術の採用が広がっています。

ハイスピード・シリアル技術、ノイズに強い差動シグナリング、ジッタに強いエンベデッド・クロックと閉じたアイのイコライゼーションなどにより、従来のプリント基板では考えられないほどの信号経路長による25+Gbpsの伝送速度が可能になっています。これらのハイスピード・シリアル・リンクをパラレル化することにより、光トランシーバによる100Gbpsの信号伝送が可能にな り、光ファイバ・バックプレーンの接続が可能になりました。またSAS、Infiniband、さらにFibre Channelなどを含む、多くのデータコム/テレコム技術で100GbE(100 Gigabit Ethernet)伝送が可能になり、長年実績のあったSONET/SDHでさえ置き換えられつつあります。