ダウンロード

マニュアル、データシート、ソフトウェアなどのダウンロード:

ダウンロード・タイプ
型名またはキーワード

フィードバック

2230Gシリーズ・ハイ・パワー・プログラマブル電源

2230Gシリーズ電源は、最大375Wのパワー性能を持ちながら、高さ2U、ハーフラック幅というコンパクトなサイズを実現した製品です。2230G-30-6型は2つのチャンネルで最大6A、2230G-60-3型は2つのチャンネルで最大60Vを供給できます。調整可能な独立した絶縁チャンネルを備えており、1台の電源で2台のデバイスを単独にテストすることも、あるいは複数電圧のデバイスをテストすることもできます。30Vのチャンネルを直列に接続することで、電圧を最大60Vにすることもできます。または、2230G-30-6型を使用すれば、3つのチャンネルを並列に接続することで15Aの電流を出力できます。
すべてのDC電源を見る »
ベンチ電源の基本情報を見る » 

 

電源出力

195Wまたは375W

最大電圧/出力

最大60V

最大電流/出力

最大6A

インタフェース

USB、GPIB、RS-232

独立した出力による優れたノイズ制御

2230Gシリーズ電源は、チャンネルごとに光またはトランスで絶縁されており、それぞれ異なる基準ポイントで電力を供給できます。チャンネルが絶縁されているため、絶縁回路に電源を供給する際にも別に電源を用意する必要がありません。さらに、各チャンネルは個別に制御が可能で、いつでもオン/オフを切り替えられます。独立したチャンネルを個別に制御できるため、回路のノイズを抑えることができます。

信頼性の高い出力を確保

2230Gシリーズのチャンネルは、0.03%の基本電圧確度と1mVの設定/測定分解能を備えており、プログラムされた出力が正確に出力できます。さらに、各チャンネルでリモート・センス・リードを使用することで、テスト・リードの抵抗による電圧低下の補正が不要であり、プログラムされた電圧が確実に負荷に印加できます。

自動化を容易に

USB、GPIB、RS-232のインタフェースを使用して、2230Gシリーズ電源の動作をPCから制御できます。 LabViewドライバやIVIドライバにも対応しており、機器制御、データ・ロギング、解析などに活用していただけます。これらのドライバやMatLabなどのソフトウェア・パッケージを使用することで、2230Gシリーズ電源を半自動/全自動テスト・システムの一部として制御することができます。

型名 Total Power Channel 1 and 2 Max V Channel 1 and 2 Max I Channel 3 Max V and I 価格
2230-30-3

195W

30 V

3A

5V @ 3A

US $1,810
構成と見積り
2230-60-3

375W

60V

3A

5V @ 3A

US $2,180
構成と見積り
2230-30-6

375W

30V

6A

5V @ 3A

US $2,180
構成と見積り
型名 Total Power Channel 1 and 2 Max V Channel 1 and 2 Max I Channel 3 Max V and I 価格
2230-30-3

195W

30 V

3A

5V @ 3A

US $1,810
構成と見積り
2230-60-3

375W

60V

3A

5V @ 3A

US $2,180
構成と見積り
2230-30-6

375W

30V

6A

5V @ 3A

US $2,180
構成と見積り